お知らせ

【重要なお知らせ】9月19日(土)~11月30日(月)の横浜市大倉山記念館施設利用における基本方針について

横浜市大倉山記念館では感染拡大防止を目的とした「新しい生活様式」の定着を前提として、 一定の移行期間を設け、6月1日(月)より段階的に施設の利用を緩和しておりますが未だ予断を許さない状況が続いております。

横浜市大倉山記念館では横浜市のガイドラインの通達を受け、利用実態を鑑みた上で下記のようにガイドラインを設定いたします。ご来館者様、ご利用者様にはご不便をおかけいたしますが、引き続き感染拡大防止の為、何卒ご理解、ご協力頂きたくお願い申し上げます。

今回は期限の目途を11月30日(月)頃とし、一部のご利用を9月19日(土)より条件付きで緩和し、「施設利用上のお願い」を守って頂く事を前提に施設をご利用いただけます。
また、既にご利用にあたっては名簿のご提出かLINEコロナへの登録をお願いしておりますが、併せて「感染防止チェックリスト・体調確認表」のご提出をお願いして参ります。

【 条件付きで定員数の制限が緩和になるご利用 】

【 定員の上限を100%迄緩和となるご利用 】

感染拡大防止策を徹底して頂いた上での会議、ミーティング、あるいは大量の呼気を扱わない演奏等のご利用におかれましては定員の上限を100%まで緩和いたします。

【 定員の上限を現状のまま50%のままとなるご利用 】

ホールのご利用に関しては換気能力が低い事、社会的距離の十分な確保が難しいとの事から、現状のまま50%を上限としての運営になります。

呼気を大量に扱うご利用(合唱、声楽、詩吟、演劇、管楽器、吹奏楽器等)に関しては、緩和をせず引き続き現状のまま定員50%での運営になります。

お客様のご利用に関して、呼気を大量に使うご利用かどうか判断しかねる場合は、横浜市大倉山記念館(045-544-1881)迄お問い合わせください。

【チェックシートのご提出】

当施設のご利用に際しては、既に名簿のご提出かLINEコロナへの登録にご協力いただいておりますが、新たに【感染防止チェックリスト】と【体調確認表】のご提出をお願いして参ります。ご理解、ご協力の程お願い致します。

12月1日(火)以降に関しては再度状況を判断し、内容が確定次第ご利用内容が変更されるお客様へご連絡して参ります。
皆様には多大なご迷惑、ご不便をおかけしますが、感染拡大防止の重要な移行期間であることをご理解頂きます様、何卒ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

一、開館時間、及び利用申込受付時間について 【9月19日(土)~11月30日(月)】      

   ※12月1日(火)以降については正式に決定次第改めてご連絡致します。

   開館時間:9時~22時  利用申込受付時間:9時~21時

二、施設利用可否の内容について 【9月19日(土)~11月30日(月)】

 【 利用可能施設について 】 
ホール、各集会室の全時間帯(9時~22時)、及びギャラリー(9時~22時)

 
 【 利用不可の施設、及び時間帯について 】
  全室、全時間帯枠についてご利用いただけます。ただし、新型コロナウイルス感染拡大防止の為活動にあたって下記のように制限を設けさせて頂きます。
 皆様にはご不便、ご迷惑をおかけしますが何卒ご理解・ご協力の程宜しくお願い致します。

三、各集会室をご利用する上でご利用者様へご協力頂きたい事

① 活動にあたってご参加頂く皆様にはご自宅での検温・体調確認をお願いしております。
  発熱(37.5度)や風邪の症状等体調不良を感じる場合はご来館をお控え下さい。

②【 3密 】を防いだ上での活動でお願いします

 【 密集 】を避けるために、各集会室での定員を一部条件付きで緩和致します。  

 【 密接 】を避けるために、ご利用者様同士の間隔を十分に空けて下さい(最低1M以上)。

 【 密閉 】を避けるために、活動にあたって定期的な換気をお願いします。
 (1時間あたり最低1回、5分程度推奨)

 ※上記の3密回避の観点より、ホールと各集会室のご利用内容によって定員の上限が下記のように異なります。

 【 定員の上限を引き続き50%とするご利用 】

 ・ホールご利用に関して
  換気能力が十分でなく、社会的距離を十分に確保することが難しいとの判断から内容の如何に関わらず、当面の間は定員の50%を上限とします。  

 ・各集会室に関して
  呼気を大量に使っての練習(独唱、合唱、詩吟、ヨガ、管楽器、吹奏楽器等)は、飛沫拡散防止を徹底の上、当面の間は定員の50%を上限とします。
  出演者、利用者同士の間隔を十分に確保した上で、向かい合っての活動はお控え下さい。
 (やむを得ない場合はマスク着用に加えフェイスシールドなどの対策を講じて下さい。)   
 
 【 定員の上限を条件付きで100%に緩和するご利用 】
  上記以外の演奏や会議等でのご利用に関しては、十分な感染拡大防止策を講じた上で、定員の100%を上限とします。
 ・事前に必ず検温して頂き、体調不良などがない状態でご利用ください。
 ・手指消毒、手洗いの徹底をして下さい。
 ・飛沫感染を防ぐためにマスク(場合によってはフェイスシールドの併用)の着用、咳エチケットをお願いします。
 ・1時間に1回、窓や扉を開け5分程度の換気を実施して下さい。

③ 施設内(各集会室、ギャラリー及び共有スペース)でのご飲食に関しては3密を避け、換気が適切に行われている状況で、対面・会話を避けご利用ください。 (ホール内は熱中症予防の水分補給のみとします)

④ 衛生上の観点から当施設では、茶器など一部備品のご利用をご遠慮いただいております。

⑤ 施設ご利用の皆様には、新型コロナウイルスの感染拡大防止の目的のみに限って参加者全員の氏名と連絡先の把握を代表者様にお願いしております。お帰りの際にはこちらの名簿をご提出頂きますようご協力下さい。
  尚、館内入口及び事務所にあります【 神奈川県LINEコロナお知らせシステム 】を活用されている場合は名簿 へのご記入は必要ございません (毎回スキャンは必要となります)。

⑥ 主催者、利用責任者及び利用代表者は、感染拡大防止に係るチェックリスト(感染防止チェックリスト・体調確認表)のご提出をお願いいたします。

尚、12月1日(火)以降の利用につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大状況によって利用制限などが変更となる場合や利用を休止する可能性があります。ご予約につきましては、あらかじめご了承ください。

※ 今後の感染状況により上記内容が変更もしくは各施設がご利用いただけなくなる場合がございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

※ 横浜市文化施設における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン(公表版)はこちらからご覧ください。